本当のあなたはもっとすごい!

これを知れば花粉症対策もラクになる!どんな薬より即効性があるFSEM

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、咳、気管支の腫れなどによる呼吸困難、倦怠感に熱っぽさなど全身症状なども伴う花粉症。毎年多くの方が花粉症に悩ませれて、いろんな対策グッズで対処したり、病院などで治療を受けたりと大変そうですよね。

FSEMを活用しているJMA(日本味感学協会)協会員やそのクライアントさんの中からつらい花粉症からの脱却に成功した人たちがいます。FSEMで花粉症の症状そのものが発症がしなくなって、あのつらい症状から完全に解放された方もいる方法を今日はシェアしたいと思います。

本当に至ってシンプルで誰もができる花粉症対策なので、花粉対策に敏感な人や花粉症で毎年悩んでいる人には朗報かもしれません。

 

4人に1人が花粉症

年々増えていて、4人に1人が有病者と言われており、今までは30、40台を中心に多かったものが、低年齢化が進み、10代でも約3人に1人が、10代以下でも役15%近い人も花粉症を発症をしていることが分かりました。それくらい国民病になっている花粉症。8月の下旬には、その花粉症のアレルギー性治療薬に医師の商法が必要のない市販品で代替えして花粉症薬を保険適応外にする議案が提起されるとネットニュースで流れ、賛否が起こりました。もしこれが現実になれば、来年の2020年の診療報酬改定から適応の可能性もあるのが、今の花粉症で悩まされている人たちの現状です。

 

根本治療がない花粉症

 

花粉症とはI型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。(Wikipediaより)

 

もう少し詳しく説明すると、鼻腔内に花粉が入ってきたとき、それを排除しようとする「免疫反応」によって、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こることを花粉症といいます。花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、マスト細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

根本的な治療法がまだ見つかっていないので、このアレルギー反応を抑えるために、花粉症で悩んでいる人たちは病院で薬を処方してもらっていたのに、それが保険適応外になると市販品になって、薬代は今よりも高くなりそうですね。

 

現状の花粉症対策

薬に頼らない、頼りたくないという人もいると思います。薬を使用する人もそうでない人も毎年かなりの完全防備の花粉症対策を数多くの対策グッズでされいますよね。

高機能マスクや花粉用メガネ、保湿ティッシュ、花粉侵入を防ぐように目や鼻の穴の周囲に塗るワセリン、鼻洗浄用品、呼吸を楽にするための鼻腔拡張テープ、マスク用スプレーなど、かなりのものを準備しないといけないですね。

他にも、洋服用のブラシや花粉を服に付着しにくくする柔軟剤に加湿器、そして花粉対策のある空気清浄機と、外出するにも家に花粉を持ち込まないようにとかなりの大変そうですね。

これだけを毎年準備するというもの一苦労しそうです。

 

年中花粉は飛散している

そんな花粉症は3月ごろ中心に症状を訴える人が多いというイメージでしたが、近年は春にスギやヒノキ、秋にはイネ科やブタクサ科などの飛散が多いようです。

ということは、1年中花粉は飛散しているということになりますね。1年中花粉症の症状で悩まれるのは、かなりしんどいと思います。

症状が落ち着く間もなく、別の花粉で症状を繰り返したり、改善していくところか年々ひどくなっていく人が多いのでは?というのが想像もしてしまいますね。

 

FSEMで即効性の花粉症対策

花粉症をFSEMを使って、克服した事例を2つほど紹介します。

 

・15年薬をんでも全く効かず酷い花粉症に悩んでいたNさん。

FSEMの講座を受講して、自分に合う味(酸味と甘味)のオレンジジューズを飲んだら、1、2分で鼻水、くしゃみは止まり、目の痒さも無くなった

 

他にも合う味を取ることで、薬を服用せずにくしゃみや鼻水、鼻づまりなどがほとんど改善されたという方が多数いらっしゃます。FSEMの中でもTaste Effectの合う味は花粉症には効果が絶大のようです。しかも、甘味、塩味、酸味、苦味、旨味と取る味覚もそれぞれ違うため、自分に合った味覚を知っておくのが大切ですね。

 

花粉症対策とダイエットも気になるという方は
▼合う味ダイエット講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajidiet/

花粉症対策とスポーツや仕事のパフォーマンスアップも気になるという方は
▼合う味パフォーマンスアップ講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajiperformance/

花粉症対策と睡眠や不調改善も気になるという方は
▼合う味睡眠講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajisuimin/

 

・口呼吸でさえも辛いくらい症状に悩んでいたMさん

症状が酷くなると、特に鼻づまりが酷くなり口呼吸でさもスムーズに出来ないくらいになって、呼吸困難になっていたのが、FSEMのTaste Effectの合う味と枕の高さをMさんに合う高さにして、Occlusion Effectの噛み合わせのタイプを調整して一晩寝ると全く問題なく鼻呼吸もできて1日中鼻づまりを感じることがなかった。

 

どうでしょう?

この2つの事例の共通する部分としては、それぞれ自分に合う味を取ったということ。それだけ味覚の部分の身体への影響は大きいといことですね。どんな薬より即効性が高いのがFSEMです。

そして、2つの目の方では枕の高さをや噛み合わせなども加えてますが、FSEMは何か1つというよりもその人の状態に合わせて組み合わせることで、より効果的なものになって、花粉症の症状をより楽にさせやすくなります。

 

花粉症対策はFSEMで決まり!

花粉症には根本治療はないので、薬で症状を抑えないといけないので、医療機関での薬の処方が保険適応外になるかもしれない。そうすれば、今の負担以上に薬代がかかる可能性もある。薬を処方してもらう、もらわないを抜きにしてもたくさんの対策グッズを準備しないといけない。中にも消耗品もあるので、その辺りも負担はかかっていますよね。それが2月3月の春だけではなく、9月中心の秋もたくさんの花粉が飛散しています。

これを毎年繰り返すとなると、かなりのストレスですよね。

毎年つらい症状に悩みつつ、そんな大変な対策をするより、FSEMを活用して花粉症の症状が出ないようにする方がものすごくラクで効果的な花粉症対策だとも思います。

自分に合った味を知って、それを食事や普段の飲み物などで取るようにする。

これですね。

つらい花粉症でお悩みで、自分の合う味を見つけてみたいという方は、ぜひ合う味講座をオススメします。

 

 

花粉症対策とダイエットも気になるという方は
▼合う味ダイエット講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajidiet/

花粉症対策とスポーツや仕事のパフォーマンスアップも気になるという方は
▼合う味パフォーマンスアップ講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajiperformance/

花粉症対策と睡眠や不調改善も気になるという方は
▼合う味睡眠講座がオススメ▼
https://jma.fun/auajisuimin/