本当のあなたはもっとすごい!

たった30分で止まらない咳の症状がウソのように楽になった!

気温がぐっと下がってきて寒くなってきたことによる気温の変化で咳が出たり、体調を崩して風邪などで咳が出るとか、PMなどの化学物質などで咳き込んでしまうなど、何かしらの原因で咳が続いて止まらないと結構つらいですよね。この止まらないつらい咳を何とかしたいという際に、つらい咳症状が和らげるために、FSEMを使って呼吸を楽にできるようにしてあげるとよさそうです。

 

つらい咳症状を引き起こす気管支炎

ただ単に咳といっても、気管支炎や喘息、百日咳、肺結核などいろんなものがありますが、その中でも風邪をこじたせてしまったり、インフルエンザなどのウィルス感染やマイコプラズマなどの細菌感染、大気中の化学物質、気温の変化などが原因で日常的に起こりやすく咳症状を伴うもので、よく耳にするのが気管支炎ではないかと思います。

気管支炎の症状は、通常数日から数週間持続すると言われます。が、症状が長引いて数ヶ月から数年にわたって続くこともあるそうです。症状は風邪と同じような症状ですが、その中でも咳が止まらずにひどかったり、長引いたりして、つらいということがあります。

治療方法は症状や原因によって、それぞれ違うのでしっかりと治療していただくことが必要です。

つらい咳症状を何とかしたいという方には、FSEMを使って、呼吸を楽にしてあげることで少し咳症状を和らげられます。そんな事例がありますので、ご紹介しますね。

 

たった30分でつらかった咳症状がウソのように楽になった!

大阪で活動されている中西佑介さんの事例

セッションの際に気管支炎で咳がひどく止まらない、つらいとクライアントさんが言われたため、中西さんは、トレーニングよりコンディショニングをコンディショニングをメインに行いましょうと伝えて、咳でつらい状態を少しでも楽に呼吸できるように身体の状態と整えることにしたそうです。

まずは、このクライアントさんの身体の状態を仰向けに寝てもらい呼吸や寝ている際の身体の床についている感じを確認してもらい、そこから脚を上げてくる動作でTaste Effect(テイストエフェクト:味覚へアプローチ)で合う味を再チェックをしてみたそうです。

この方に以前に筋力によるチェクはされていたそうで、その際には苦味と塩味が合っていたとのことで、普段飲んでいるルイボスティーを寝る前に飲んでくださいと伝えていたそうです。

今回は柔軟性でチェックしてみたところ、苦味が合うことは変わらなかったようですが、ルイボスティーよりもコーヒーのほうがより脚の上がってくる可動域が広くなったそうで、コーヒーをTaste Effectで使いながら、呼吸がしやすい身体へコンディショニングをしていくことにしたそうです。

そのコンディショニングで、中西さんが大事にしたのは呼吸を自然と楽にできるようにするために、クライアントさんの姿勢だそうです。

まずは、クライアントのさんの感度を高くするために環境作りをEye Effect(アイエフェクト :視覚へのアプローチ)とSound Effect(サウンドエフェクト:聴覚へのアプローチ)でチェックすると、部屋の環境は暗くて、音がない静かな環境が合っていたので、照明を落とし音楽もない環境に整えたそうです。

次に、呼吸しやすいようにしっかりとした気道の確保と姿勢を整えるために、Tongue Effect(タンエフェクト、舌へのアプローチ)で舌回しをしてもらったそうなんですが、効果を上げるために、先ほどチェックした合う味のコーヒーを一口飲んでからやってもらったそうです。

さらに姿勢を整えるために、Eye Effect(アイエフェクト :視覚へのアプローチ)を入れながらの後頭下筋のFSEMストレッチと大胸筋と上腕二頭筋のFSEMストレッチをされたそうです。

この3つをしてから、仰向けに寝て、呼吸や寝てみた感じを再度チェックしたところ、コンディショニング前は全体的に右側が浮いている感じがしていたそうですが、コンディショニング後は全身沈む感じでつくようになったとのことです。呼吸も楽になり、自然としっかりと大きくしやすくなったそうです。肝心な止まらなくて、つらかった咳も帰る際には出なくなり、さらに姿勢も良くなって帰宅されたそうです。

中西さん曰く、この間にかかった時間は30分くらいだそうで、FSEMを使うことでものすごく効果的にコンディショニングができたそうです。

 

どうしてもの時の味方の合う味を見つける

咳が止まらずに、長く続いたり、つらい場合は、まずは医療機関で適切な治療や処置、アドバイスをもらうのがまずは大事ですし、前提にあります。そのうえで、咳症状が続いてつらいとか、突発的起こって今すぐ何とかしたい、止まらないのをどうにかしたいとかという時に、FSEMを使って呼吸を楽にしてあげて、身体にかかるストレスや気分的にも負担を軽減できそうですよね。

せき止めが効かない、寝ている時も咳が出て寝れないなどなど、咳症状で悩まれている方にはFSEMを活用していただきたいです。

今回ご紹介した事例の中でいくつかのアプローチ方法をご紹介していますが、その中でもTaste Effect(テイストエフェクト)は自分でも自分の合う味を見つけていただくことが可能です。

 

①まずは、甘味、塩味、酸味、苦味の飲み物などを準備していただきます。

②次に、仰向けに寝てゆっくりと大きく呼吸を3回くらい繰り返ししてみてください。この時に、咳が出やすいとか深くできない方は出来る範囲でやってみてください。

③準備した飲み物のうち、どれかを軽く1口飲んでください。たくさん飲む必要ありません。

その飲み物の味を感じていただけたらOKです。

④もう一度、仰向けになって、先ほどと同じように呼吸をしてください。そのときの呼吸のしやすさや深さ、逆に咳が出てしまうときの違いなどを感じてください。

⑤同じようにして、残りの飲み物でも同じようにチェックしてください。

⑥すべてのチェック終えたら、一番呼吸がしやすかったり、咳が出にくくなったり、浅かった呼吸が深くできたなど飲み物の味があなたに合った味ということになります。

 

ただし、簡易的に調べた方法で、断定はできません。(仮)の状態です。なおかつ基本の4つの味でしかチェックしてません。他の味覚にもっと合う味があるかもしれませんし、より正確にチェックすうると本当のあなたに合う味を見つけることができます。

その合う味こそが、つらい咳症状が出た時に、咄嗟に症状を緩和してくれる味方になります。

ぜひ、自分にあった味を見つけてみてください。

 

自分でやってみたけどわからないとか、正確な自分の合う味を知りたいという場合は、下記の講座で、自分の合う味を見つけることができます。

 

こちらの講座に参加してみてください。

咳症状を和らげるための合う味を見つけるには、オススメはFSEM講座 睡眠 LV.1と合う味睡眠講座です。

 

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 PERFORMANCE UP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

準備中

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “身体能力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/

 

▼合う味パフォーマンスアップ講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajiperformance/