本当のあなたはもっとすごい!

赤ちゃんがお昼寝しない理由は寝床にあった!

1日を寝て過ごすことが多い赤ちゃんですが、夜中でもお腹が空いたり、オムツが気持ち悪くなって変えて欲しい時も泣いて知られてくれます。昼も夜も関係なく、寝たい時に寝て、遊びたいときに遊んで、お腹が空けば泣いて知らせておっぱいやミルクを飲むなど、本能のままに過ごしています。それに付き合うママは、寝不足になったり、疲れが溜まって、お昼寝タイムには一緒になって身体を休めているというママも多いのではないでしょうか?

そんなママにとって貴重なお昼寝の時間に赤ちゃんがお昼寝をあまりしなると、赤ちゃんの生活リズムの乱れも気になりつつ、唯一のゆっくりできる時間がなくなってしまから、できたらお昼寝をして欲しいのが本音だと思います。

急にお昼寝をしなくなった赤ちゃんがあることをきっかけで、しっかりとお昼寝をするようになった事例を紹介します。最近お子さんが昼寝をしなくなったと気にしているママの参考になればいいなと思います。

 

生活リズムがない赤ちゃん

ママのお腹から出てきた赤ちゃんは、昼と夜の区別がありません。そのため体内時計もまだありません。だから、朝でも昼でも夜中でもお腹が空けば泣いて起きたりします。

いろいろ調べてみると、月齢などで理想の睡眠時間度が細かく書かれていますが、おおよその目安と捉えて、睡眠時間もそれぞれ違います。なので、目安時間をそこまで気にせずに赤ちゃん自身のリズムに合わせてあげることが大切だと思います。

そのうえで、お昼寝の際に心地よく眠れるように工夫をしてあげることで、しっかりと寝てくれて、結果的にママのお昼寝の時間が確保できたり、一人でゆっくり過ごす時間を作ることができると思います。

これからご紹介するFSEMで一工夫をしてみてください。

 

お昼寝もあまりしてくれなくなったのは寝床にあった

9ヶ月になる娘がいるOさん

娘さんがあるときからお昼寝もあまりしてくれなくなったそうで、元気よく遊んでいる姿はかわいいけど安心はするそうなんですが、娘さんがお昼寝をしているときに一緒にお昼寝をしたり、育児中の唯一のフリータイムなので、正直もう少しネンネしてくれてもいいのに…と思っていたそうです。

でも、ある時からしっかりとお昼寝をするようになったんだそうです。何が違うのかといろいろ考えてみたところ、1つのことに気づいたんだそうです。

それは、お昼寝に使用していた寝床に敷いていたバスタオルを別のものに取り替えてから、寝つきも良くなり、あんなに短かったお昼寝も長めにしっかりと寝てくれるようになったんだとか。そこで、試しにあまり寝なかったときに寝床とに敷いていたバスタルにしたところ、やはり寝つきも遅くすぐに起きてしまったそうです。

Oさんの気づいた通り、娘さんがあまり寝なくなってしまったのは、寝床に敷いたバスタオルが原因だったようです。

おそらく娘さんは、FSEMのTouch Effect(タッチエフェクト:触覚へのアプローチ)の肌触りという点で、娘さん自身で自分にとって心地よいものとそうでないものを感じ取っていたんでしょうね。

 

じっくり観察してお気に入りを見つけよう

子供が小さい頃って、お気に入りのタオルやブランケットがありますよね。それは、肌触りなどでもしかしたら、自分にとって落ち着くとか、安心できるとか何かを感じ取っていて、お気に入りになってるのかもしれませんね。

子供が小さい時、特に赤ちゃんの場合はほぼ1日中寝ているのが仕事みたいなところがあります。その寝ているタイミングでママは一緒に寝て疲れた身体を休めたり、唯一自分のゆっくりとした時間を過ごせる時でもあるので、いかにお昼寝をしてもらうかは重要なポイントだと思います。

成長に応じて、1日の睡眠時間はだんだん短くなってきますが、日頃の疲れや身体の発育発達を考えるとしっかりと寝ることも大事です。そんな時には、お子さんに合うものを寝床の上に敷いてあげると寝つきが良くなって寝てくれるかもしれません。

 

まずは、お子さんをよく観察してみてみてください。

 

ご機嫌が良かったり、手から離さず握っていたりするものが、お子さんに合っているものなのかもしれません。

注意深く観察してみてくださいね。

 

 

赤ちゃんがぐっすり寝つき良く眠ることができる寝具などを、しっかりと見つけてあげたいとか詳しく知りたいという方は、FSEM講座 SLEEP LV.1や合う味睡眠講座がオススメです。

 

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/