本当のあなたはもっとすごい!

睡眠力の味方

 

睡眠の質をあげたい!

楽にダイエットしたい!

身体の不調を改善したい!

腰痛、肩こりを楽にしたい!

美しいボディラインになりたい!

ダイエットで2度とリバウンドしたくない!

 

 

ダイエットや不調に関するこのようなお悩み。

実は、

寝具にこだわらないと

頑張っても思ったような結果は出ません!

 

 

逆に寝具にめちゃくちゃこだわりを持っていらっしゃる方ほど

痩せやすく、身体のバランスも整いやすいので

不調も少なく、美しボディラインにも近づきやすいのです。

 

 

寝具と身体のバランスってどう関係あるの?

って思う方もいらっしゃると思いますが

ここ、かなり重要なところです。

 

 

 

身体のバランスを崩す原因

 

 

Gさん(40代)は、

季節の変わり目になるといつも不調がでてきて、身体が辛く

朝起きてもずっと右肩や頭が痛い状態、これが続いていました。

更に、ここのところ、急に体重も増え出して

『このままでは、いけない!』

そんな思いでトレーニングを受けてくださいました。

 

 

最初に私のところにいらっしゃった時は、

右の肩、左の背中、左のお尻、左のふくらはぎ

の筋肉が固くなり、

身体のバランスが全体に崩れていました。

 

 

詳しく解説すると、

全体的に左に偏りがちな身体を

左に傾かないように

右の肩だけで反対に引っ張り

倒れないようにバランスをとっているので

右肩のみに不必要な負荷のかかった姿勢です。

 

 

こんな時、みなさんならどうやって

身体を楽にしますか?

 

 

きっと多くの人は、

右の肩のこりをほぐして楽にすると思います。

 

 

しかし、左に傾く背中やお尻、ふくらはぎの固さを

無視して右肩のこりを取り除いたとしても

身体は、元のようにバランスを取ろうとして

またすぐに、右の肩が固くなってしまいます。

 

 

これでは、いくら右肩のこりを取り除いたとしても

イタチごっこになってしまいます。

 

 

ですから見るべきポイントは、

身体のバランスを崩している原因を探し、

それを取り除くことなのです。

 

 

 

FSEMを使うと

 

FSEMには、それに対して

いくつかのアプローチ方法があります。

 

大きく分けて3つです。

 

①身体の重心バランスがあっているか

②食べているものや身につけているもの

  さらには、環境が合っているか

③ヒトとしての身体の機能が上手く支えているか

 

 

今回は、季節の変わり目でシーツを変えたとおっしゃるので

②の使っているシーツや掛け布団の生地が

合っているのかどうかをチェックしました。

 

 

チェックしたところ、やはり

使っていた寝具に問題がありました😢

 

 

使っていた化繊のシーツだと

呼吸も浅く、右肩が固くなってしまいましたが

綿のものだと

呼吸も深く、肩のこわばりもなくなりました。

 

 

 

まとめ

 

せっかく

身体の調子を整えよう!

または、ダイエット頑張ろう!と

運動や食事のコントロールを

完璧にやり、頑張ったとしても、

 

 

夜寝る時の寝具が合っていない状態で

6~7時間寝ることで、

身体のバランスは、一気に崩れ

それだけでなく身体の不調にも繋がってしまうのです。

 

 

実は、寝ている時の睡眠の質が悪いと

・痩せない

・身体に不調が増える

・パフォーマンスが上がらない、怪我をしてしまう・・・

 

など、と言った今日に簡単になってしまいます。

 

 

そうならないためにも

寝具にこだわり

身体のバランスを整えましょう。

 

 

自分に合った寝具を見つけたい方は、

お近くのFSEMトレーナーを

見つけてさいね。