本当のあなたはもっとすごい!

甦れ 背骨!

 

身体を整えバランス良い身体に導くためには

背骨って大切です!

 

 

骨格(身体の骨)のフレームを整えることが

重要であることは、何度も書いてきました。

 

その中でも重要な役割の骨がいくつかあります。

 

その中の1つが背骨、特に胸椎と言われる

胸の背骨です。

 

 

ここが整わないと

肋骨の形にも影響を与えます。

 

 

この部分は、猫背などの姿勢にも関係しますし、

パフォーマンスアップ

ダイエット

もっと言うと、ここが整わないことで

色々な痛みにもつながってしまいます。

 

 

今日は、ここを整えることで、ゴルフの飛距離がアップ、

更に、フォームについて

ゴルフスクールの先生にも褒められたOさん(60代)

の事例をご紹介しますね。

 

 

 

厄介な代償動作

 

私たちは、

身体を使って何かの動作をするとき、

ありとあらゆる筋肉を動員して

狙った動きに近くなるように動きます。

 

 

その時、

使って欲しい筋肉を使って

その動きができていたならば問題ないのですが、

多くの方が、

使って欲しくない筋肉を使って

頑張って狙った動作に近ずけるように

努力してしまいます。

 

 

頑張って狙った動きに近づけている動作を

『代償動作』と言います。

 

 

しかし、使って欲しくないところは、使わないように!

って意識して動いたところでできません!

 

 

なぜならば、使って欲しい筋肉に

刺激が入る骨の並び方になっていないからです。

まずは、ここから整えないと

どうやっても無理なのです。

 

 

Oさんも胸椎がとっても固く、

ゴルフスウィングをしても、腰で回旋していました。

 

 

姿勢は、というと

そもそも首が前に移動していていわゆる猫背。

胸椎の回旋の動きも出ませんでした。

 

 

このような状態だとどうしても

代償で腰で回旋してしまうのですが、

 

ちょっとみなさんもやってみてください^^

 

①身長を2cmくらい高くしたイメージで

 背骨の左右の回旋運動をしてみる

②わざと猫背のような状態で

 背骨の左右回旋運動をしてみる

 

どちらが動きやすいでしょうか・・・・・

 

 

①ですよね^^

 

 

このように、胸椎が固かったり

姿勢が整っていないと

上手く背骨の回旋ができないのです。

 

 

そして、その動きを動きやすい腰椎(腰)の回旋で

代償して行う。

だから飛距離も伸びにくく、

更に、腰が痛くなるのです。

 

 

アイエフェクト+

 

Oさんにやっていただいたのは、

胸椎の動きを引き出すことです。

 

 

エクササイズとしては、

うつ伏せのバックエクステンションや

四つ這いのキャットバックなどで

行っていただき、プラス

 

 

目と背骨の関係を利用したアイエフェクト

関節の動きを引き出すエフェクトなどを重ねました。

 

 

日頃から目をしっかり動かすことを意識して

過ごしていただいたところ、

なかなか手強かった胸椎が

1ヶ月くらいで伸展が出せるようになりました。

 

 

更に、綺麗に胸椎で回旋できるようになり、

使って欲しい筋肉を使えるようになりました。

 

 

胸椎が整ったことで、胸郭全体の動きもよくなり

・呼吸がしやすくなった

・バストアップした

・背中のお肉が取れた

・腰痛が起きなくなった

・ゴルフの飛距離が伸びた

・ゴルフスクールの先生にフォームを褒められた

 

・・・・・などなど

さまざまなメリットが出てきました♪

 

 

 

まとめ

 

・胸椎の動きを出すことは、全てにおいて大切

・それをなるべく効率よくするには、

FSEMのエフェクトを使うことが近道

・胸椎の動きが出ることでたくさんのメリットがある

 

 

ぜひ、フレーム整える1つとして

胸椎、胸郭の動きを再確認してみてくださいね。