本当のあなたはもっとすごい!

身体の仕組みを理解する解剖学〜仙腸関節〜

・ランニング中やエクササイズ中に股関節の左右差を感じる

・股関節のつまりを感じる
・腰痛になりやすい

このような症状がある時の、原因の1つとして考えられるのが

仙腸関節の歪みです。

今日は「仙腸関節」をもう少し深く見ていきますね。

 

 

身体の土台としての役割

 

 

骨盤は上半身と下半身をつなぐ役目があり

身体の土台でもあります。

 

前回、骨盤は歪みやすいというお話をしましたが、

特に仙骨が歪んでいると

骨盤全体が歪みその上にある背骨もねじれ

姿勢全体が歪んでしまいます。

仙骨って本当に重要な骨なんです!

 

まず、仙骨にどんな歪みがあるのかを知ることで

改善のためのアプローチ方法を見つけることができます。

 

 

 

仙骨が傾くパターン

 

歪みには、いくつかパターンがありますが

その中の1つをご紹介します!

 

仙骨は、腸骨に対して前に傾いたり、後ろに傾いたりします。

 


①                    ②

 

 

 

①仙骨が前に傾いている時:

仙骨のうなずき運動(ニューテーション)

 

②仙骨が後ろに傾いている時:

仙骨の起き上がり運動(カウンターニューテーション)

 

と、呼びます。

 

仙骨が前に傾いてる時は、構造的には安定した位置です。

仙骨が後ろに傾いてる時は、

骨盤全体が緩みの位置になり不安定になります。

 

 

姿勢でいうと、

仙骨が前に傾いてる時は、骨盤が整うので

まっすぐ立つことができます。

 

しかし、仙骨が後ろに傾いてる時は、

骨盤全体も後傾して前に突き出てしまい

猫背になってしまう・・・・

といった感じです。

 

 

 

仙骨が歪むと・・・

 

 

よく腹筋運動をした時に、床に仙骨があたって

痛みを感じる方がいらっしゃいませんか?

 

これは、仙骨が後ろに傾いているときは、

仙骨が飛び出るような形になっているので

床とスレて痛みを感じてしまうのです。

 

 

 

 

また、ずっと座りっぱなしや

背もたれに、もたれかかって座っている状態が長く続くと

こちらも仙骨が後ろに傾きやすくなります。

それに伴って、腰椎は、前弯減少して

腰痛などを引き起こしやすくなります。

 

 

 

 

骨盤全体が緩みの位置になるので

腹横筋なども刺激が入りにくく

お腹がポッコリ痩せにくい身体になってしまいます。

 

 

 

 

FSEMで予防改善!

 

腰痛改善や予防のためにも

また、効果的にエクササイズをするためにも

仙骨の歪みを理解して、適切にFSEMを用いて

感覚・骨・筋肉

アプローチをして行くことが大切です。

皆さんなら、どのエフェクトを使って予防・改善しますか?