本当のあなたはもっとすごい!

小さいお子さんを持つママ必見!お子さんの合う味で風邪予防と対策

立冬を過ぎて気温が随分と下がって、冬を感じるようになってきましたね。

冬になってくると、小さなお子さんがいらっしゃるママさんはお子さんが風邪を引かないか心配になって、いろんな風邪対策をしているのではないかと思います。

できることなら、風邪をひいて欲しくないですし、風邪をひいたとしても軽い症状で済ませたいですよね。

そんなときにいろんな風邪対策がありますが、実はお子さんの合う味を知っていると、風邪症状を軽くするのに役に立ちそうです。

どういうことかをお伝えしますね。

 

そもそも風邪は総称

そもそも風邪といっても、発熱や鼻水、咳、喉の痛み、などのいろんな症状をまとめた総称なので、1つの症状だけの人もいれば、いくつかの症状が出ることもあると思います。

小さいお子さんになると、多いのが鼻水が出てしまう症状が多いですよね。鼻水が寝ていて、喉の方に流れてきて咳き込んだり、鼻が詰まって口呼吸で喉の痛みや咳になったり、そこから悪化して発熱してしまうとかしたります。

だから、風邪を引かないように、うがい手洗いや部屋の湿度を最適にして乾燥を防ぐとか、あまり厚着をさせないとか、人ごみをさけるとか、寝相が悪いから何度も起きて布団をこまめにかけるなど、いろんな対策をされると思います。

それでも、風邪をひいてしまうときはひいてしまいます。まだ、どんな症状があるのか、どう辛いのかを言葉にできないので、ひどくならいないようにするのが重要ですよね。

例で挙げた鼻水が出なくなるだけでもかなり楽になるはずですね。その鼻水がお子さんの合う味の食べものを食べると、その症状が和らいだ事例があるんです。

 

バナナで赤ちゃんの風邪対策

團さんのお子さんが鼻風邪を引いてしまったときのことだそうです。

朝からご機嫌も悪くグズグズで鼻水がダラダラだったそうで、團さんは何か良い方法は無いかと夫婦で模索していたそうです。そんな時、昼食を食べさせていた團さんの奥様があることに気付いたそうです。何かと言うと、「バナナ食べてたら鼻水が止まる気がする」と。

そこで、團さんはお子さんには悪いと思いながらも、これで症状が和らぐならとチェックしてみたそうです。

 

結果は、

・豆腐きな粉がけ→止まる

・ご飯→鼻水ズルズル

・おかず→鼻水ズルズル

・イチゴ→鼻水ズルズル

・キウイ→鼻水ズルズル

・バナナ→止まる

という結果だったそうです。

 

そして、バナナで終わってから、2時間ほど鼻水は止まっていたそうですが、おやつの時間の時間になり、いつもおやつに出している卵ボーロをあげると、鼻水がまたダラダラと流れ始めたそうです。

團さんは、あわててバナナ一口をお子さんに食べさせると、完全に鼻水は止まるんだそうです。

普段からお子さんはバナナが好きで、毎食一本食べているそうです。そして、そのバナナは奥さんが妊娠中に悪阻がひどいときによく食べまくっていたんだそうです。他の事例でもありましたが、やはり妊娠中の妻と子供の合う味は一致するようですね。

風邪の時にも、自分の子供の合う味を知っていれば対策は可能かもしれないから、多くのママさんが知ってくれると、グズグズで困る事も少なくなるし、少しでもママさんの負担が減れば良いなと團さんはおっしゃっていました。

 

お腹にいる時から求めているパワーフード

いかがですか?

團さんのお子さんにとっては、バナナが合う味であり、食材なんですね。バナナを食べたら、鼻水もしっかりと止まっていたのに、おやつを食べたら鼻水が出始めたり、同じ果物でも風邪に良さそうなビタミンCを含むイチゴやキウイもダメだったということですからね。

しかも、そのバナナが奥様がつわりのひどい時に食べていたということですから、お腹にいたお子さんが求めていたんでしょうね。同じように妊娠中のつわりがひどいときなどに食べたいと感じていたものや実際に食べてつわりが落ち着いていた味覚のものや食材は、お子さんが生まれた後にそのお子さんがよく食べたり、好んで食べたりするものと一致しているという事例がたくさんあります。

その時から、お腹の中で成長するために合う味を求めていたんでしょうね。そして、生まれてからもそれは同じのままで、自分を風邪から守ってくれるお子さんにとってはパワーフードなのかもしれませんね。

今回ご紹介した事例のように、これからもっと寒くなって、風邪をひきやすくなります。しっかりとした風邪予防対策も必須ですが、お子さんの合う味を食べさせてあげて、風邪予防も大事ですね。万が一、風邪の初期症状などのときは、合う味で辛い症状にならないようにしてあげることもできるかもしれません。

風邪をひきやす小さなお子さんを抱えているママさんは、つわりの時に食べたいと感じていたものや食べていたものを思い出してみてください。

 

それでもお子さんの合う味を調べてみたいときは、合う味をチェックできるダイエット診断士の資格を取得して、ママさん自身のダイエット力を診断しつつ、お子さんの合う味もチェックできるようにしてみませんか?

 

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

60分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)