本当のあなたはもっとすごい!

寝起きの首の痛みは枕の高さではなかった!FSEMでわかった真の原因

多くの方が経験したことのある「寝違え」。温めたり、冷やしたり、ストレッチしたりといった自己流で何かされる方もいれば、治療に行かれたりする方もいると思いますが、首の痛みはちょっとしたことで痛むし、それを気にしてだんだん動くことも億劫になってきたりしますよね。

特に寝起きに感じる首の痛みは、枕の高さが原因とは言われますが、いくら枕の高さを変えても一時的には良くなっても、なかなか根本解決しない人や繰り返してします人も中にはいるようです。

そんなときは問題は枕の高さではなく、意外なものが原因で寝起きの首の痛みが出ていることもあります。その意外な原因にもFSEMを知っていると気づくことができて、適切な対応ができたという事例を紹介します。

 

寝起きの首の痛みは枕の高さではなかった

※大阪で柔道整復師として活動されている山本豊さんの事例

2か月前から山本さんの治療を受けられている71才の女性。

何年も『起き上がる時にくびが痛くてつらい』とっていた症状が枕のあることをしただけで、翌日にはその痛みが嘘のようになかったそうです。

この女性は、くびを回した時に痛みが走って、力が抜ける感じがあったため、山本さんのところで治療を受けていたそうです。手技による治療にプラスして、FSEMのTongue EffEct(タンエフェクト:舌へのアプローチ)を指導されたとのこと。

最初は舌を回すのを10周するのがやっとだったのが、継続していくしたがって、回す回数も増えて、首の痛みの度合いも軽減してきたそうです。

すると、先週あたりに『起き上がる時にくびが痛くてつらい』という悩みをいわれたそうなんです。そこで、山本さんが詳しく聞くと、長年使っているお気に入りの枕があり、寝つきはすごくいいんだけど、いつも寝起きに首が痛くなるとのこと。

枕も色々変えたりして試してみたけど、変化がないので、結局寝付きの良い元の枕に戻って使っているそうなんです。実はこの痛みは何年も前からもあって、痛みも起きてから数分で治っていたからしく、これくらいは仕方ないかなと半ば諦めていたそうです。

山本さんの治療とFSEMのTongue EffEct(タンエフェクト:舌へのアプローチ)で首はかなり良い状態になっているのに、この寝起きだけの痛みは変化がないと悩んだ挙句、山本さんに思い切って相談されたんだそうです。

そこで、試しにいつもどんな姿勢で寝ているかを確認するために、いつもの寝方を再現してもらったところ、あることに山本さんは気づいたんだそうです。

この女性、仰向きに寝るときでも横向きに寝るときにでも、常に枕を手で触れていたそうなんです。この辺のちょっとしたところを見逃さない観察力、凄いですよね。

そこで、山本さんはFSEMの中のTouch Effect(タッチエフェクト:肌触りなど触覚などに対するアプローチ)に着目して、その女性に対してあるアドバイスをされたそうです。

そのアドバイスとは、枕の下にこの女性に合ったタオルを引いてもらうこと。すでに、使われているお気に入りの枕は年季も入り、ちょっと低いと感じるようなので、高さのある枕に替えるのではなく、合うタオルを引いてもらい高さを調節してもらい、様子を見ることにしたそうです。

そして、そのアドバイスをしてからほどなく、何やら含んだ笑顔で来院されて、告げられたのはあれだけ長年悩んでいた起床時の首の痛みとついにサヨナラできたという報告だったそうです。

これまでに色々試しに試したきて、ダメで諦めかけていたのに、枕の下にタオルを引くという方法で解決できてご本人もビックリしながらも大変喜んでいたそうです。

山本さんもFSEMのおかげで患者様の笑顔を見れました。と嬉しいそうでした。

 

自分の身体のことを知ることができるのがFSEM

 

ついつい寝起きの首の痛みは枕の高さに目が行きがちですが、実はそうではなく寝るときに手で触れているものの素材が合わなかったことが、今回は原因だったとということです。これを見つけられるのは、FSEMを学んだ人だけかもしれません。

普通に寝ていれば、何かしらに手が触れますよね。その触れていたものが自分に合うか合わないかでこんなにも身体に影響ができるとしたら、それを知っておいて損はないですよね。

仮に知らないままだとしたら、この女性の場合ずっと寝起きの首の痛みを我慢して、やり過ごすことしかできなかったかもしれませんからね。少し時間が経てば、痛みは楽になるとは言えども、できることなら痛みを感じる寝起きではなく、すっきりとした気持ちの良い寝起きにしたいですよね。

FSEMでは、睡眠の質上げるためにいろんなアプローチを行います。そのためには、自分の身体をよく知ることが大切です。その身体をよく知るためには、自分の身体の声、サインをちゃんと聞くことです。それは、痛みとして出てくることもあったり、めまいや吐き気などの不調、女性などであれば吹き出物などででることもあります。そのサインは様々です。

そのサインをちゃんと広あげられるように、何をすべきかをFSEMの講座ではお伝えをしています。

特に身体の不調を扱う治療家さんにとっては、患者さんの痒いところに手が届くプラスアルファが提供できますからね。

そんなFSEMに興味がある方は、ぜひFSEMを学んでみてください。

 

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/

 

▼合う味パフォーマンスアップ講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajiperformance/

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/