本当のあなたはもっとすごい!

4ヶ月も蕁麻疹で寝れなかったのにぐっすり眠れた!FSEMでストレスに負けない体に

「なんだか体がかゆいな…」と思ったことは誰でも1回はあるのと思います。ただの痒みということがほとんどかもしれましんが、中にはその症状、実は「蕁麻疹(じんましん)」ということもあるのかもしれません。

蕁麻疹は数時間のうちに体の至る所に広がり、その後跡形もなく消失するようですが、なかには1か月以上が継続する慢性蕁麻疹に進行することもあります。慢性蕁麻疹は夜間に出現することが多く、非常に強いかゆみを伴うようで寝ることができないことほどの時もあるそうです。

そんな蕁麻疹にも、FSEMは痒みを抑えてるのに有効な手段になりそうです。

 

蕁麻疹とは?

蕁麻疹とは、皮膚の一部が突然、蚊に刺されたように盛り上がり、短時間で跡を残さず消えてしまう皮膚の病気です。赤みや強いかゆみを伴いますが、たいていは数十分~1日以内に治まります。原因を特定できるじんましんは全体の1~3割ほどで、多くの場合、原因ははっきりわかりません。

特定の刺激(食物などのアレルギー反応として起こる場合や、圧迫などの物理的刺激、発汗など)が原因・誘因となるじんましんと、直接的な原因がはっきりわからないじんましんがあります。

1度だけ症状が出たり数日内で治まる「急性じんましん」と、原因が特定できず、1か月半以上、皮疹が出たり消えたりが続く「慢性じんましん」と呼ばれるタイプがあり、後者は数か月~数年にわたって続くこともあります。

じんましんを起こしやすくしたり悪化させたりする因子として、ストレスや疲労、体調不良、かぜなどの感染症、月経などがあげられます。

引用元:第一三共ヘルスケア 

 

蕁麻疹は、特定の食べ物を食べた時のアレルギー反応というイメージが強いですが、過労やストレスなども蕁麻疹を引き起こすことがあるそうで、正確には、ストレス自体が直接蕁麻疹を起こしているというよりもストレスが身体を「蕁麻疹が起こりやすい状態」へと変えてしまっている、と考えられています。

蕁麻疹の原因としては、食べ物アレルギーが有名ですが、その他にも

  • 急に温まること(温熱じんましん)
  • 急に冷えること(寒冷じんましん)
  • 汗をかくこと
  • 擦れること

など、様々な“皮膚への刺激”も原因となりうるとのことです。

 

いろんな刺激やストレスが蕁麻疹になるですが、そんな身体に対するストレスや刺激が原因の蕁麻疹には、FSEMで症状の軽減などの対応ができた事例が届きましたので、このあとご紹介します。

 

4ヶ月も痒みで寝れなかったのに、FSEMでぐっすり眠れるようになった

※FSEMも活用されながら自身で骨盤力スクール北海道校を運営されている東堂渚さんの事例

先日八月頃から蕁麻疹が発症して4ヶ月あまり痒くて寝れず
寝不足で仕事も休みがちになっていたYさん。

周りの環境が変わってしまったことと猫アレルギーが重なってしまい、そのストレスが引き金になって蕁麻疹が出てしまったみたいです。

相談を受けた東堂さんは、Yさんに合う素材をチェックしてみたところ、ナイロン生地が1番合っていたそうで、ナイロン生地を寝る際に身体にかけて寝ることを提案してみたそうです。しかし、Yさんはナイロン生地の寝具は持っていなかったようで、生地屋さんでナイロンの布を購入して、試してみることにしたそうです。

その日からは寝る際に使ってみると、蕁麻疹は痒いけどけどいつの間にか熟睡して朝になってると、今まで痒みが酷くて寝れなかったことを考えると良いと喜ばれたそうです。

それからYさんは酸味が合っていたので、酸味のものも取るようにして、合う生地を寝る際には使って寝るようにしていたら、今まで酷かった蕁麻疹がキレイになってきて、夜もぐっすり寝られるようになったとさらに嬉しいとお声をいただいたそうです。

 

FSEMでストレスに負けないように

Yさんの場合は、周りの環境変化からストレスがかかり、そこに猫アレルギーが重なり、蕁麻疹になったわけですが、そういうストレスが蕁麻疹を起こしているという状況でした。

蕁麻疹は、ある一定の刺激の強さを超えると発症しやすくなるようですが、ストレスがこの刺激に対しての抵抗力を下げてしまい、普段では蕁麻疹が起こらないような皮膚への刺激にも反応して、蕁麻疹を起こしてしまいます。

このストレスに対して、抵抗力をあげるというか、ストレスに負けないように身体を強くするのにFSEMはとても有効です。私たちの身の回りには、良くも悪くもたくさんの刺激、ストレスがあります。それが身体を強くすることもあれば、逆に弱くすることもあります。

ストレス自体が悪いというよりも、ストレスに負けやすい身体になっている時に、病気や不調などが起こりやすいです。FSEMはそのストレスに負けないようにするために、その人の身体が必要しているもの(合うもの)を食べたり、飲んだり、身につけたりして、身体と周りの環境を整えることでストレスに負けない身体にしていきます。

今回の場合であれば、Yさんにもナイロンという合う素材を寝る際に身につけてもらったことや合う酸味のものを取ってもらうことがそれに当たります。

蕁麻疹をはじめとしたストレスがきっかけになるような不調などには、FSEMでそのストレスに負けない身体にすることで、症状の軽減できたり、不調自体が起こらないように対処することが可能です。

もしこれといった原因が思い当たる節がないような身体の不調が続く場合は、ストレスが原因かもしれません。その際はFSEMでストレスの軽減をしてみてはいかがでしょうか?

ストレスに対するFSEMは、JMAが開催する講座すべての中に含まれております。ダイエットは「食から」、睡眠は「周りの環境から」、パフォーマンスは「ストレスに負けない体をつくる」というイメージです。必要だと思われる講座を受講して学んでみてくださいね^^

 

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/

 

▼合う味パフォーマンスアップ講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajiperformance/

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/