本当のあなたはもっとすごい!

つわりがひどい時は合う味で!FSEMでつわり対策はバッチリ!

妊婦さんの多くの方が、妊娠初期に経験する辛いつわり。一方で、そのつわりを経験しない妊婦さんも中にはいらっしゃいます。できることなら、つわりは経験しないほうが良いかもしれませんね。でも、万が一つわりの症状が出てしまった場合には、FSEMの合う味メソッドを知っていれば、その症状は軽減できる可能性もあります。

 

関連ブログ

鍵は枕!マタニティーブルーや産後うつのストレスからの回復は睡眠から

 

つわりって?

そもそもつわりって何なでしょうか?

つわりと呼ばれる症状には、様々な症状があり、その症状や程度は人それぞれで代表的なものには、吐き気、嘔吐、唾液量の増加、全身倦怠感、頭痛、眠気、食欲不振、食べ物や匂いに対する嗜好の変化などがあげられるようですが、それも個人差がものすごくあるようで、妊娠5~6週頃から症状が出る人が多く、妊娠12~16週頃にはおさまることが多いそうです。

 

つわりとは、主に妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のこと。通常は胎盤が完成する妊娠3、4か月から5か月頃にかけて自然に治まることが多いが個人差があり、稀に出産直前まで続いたり、一旦治まった後にぶり返す場合もある。

以前は妊娠高血圧症候群に分類されていたが、現在では直接的に生死にかかわる症状とは考えられていない。しかしながら、重症化するとまったく飲食が出来ず衰弱したり、昏睡に至ることもある。脱水症状が進み尿からケトン体が検出されるほど重症化した場合には、ウェルニッケ脳症の発症を予防するために、輸液やビタミン剤補給などによる入院治療が必要となる。治療が必要になった場合は妊娠悪阻といわれる。

引用:wikipediaより

 

つわりは、全妊婦のおよそ5~8割見られる症状のようですが、つわりがなぜ起こるのかという点はいまだに解明されておらず、ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)やエストロゲンなどのホルモンが影響しているのではないかとの説やホルモンバランスの変化による自律神経の乱れという説、胎盤が未熟な時期に胎児を異物と判断しているなどがありますが、医学的にはっきりとした原因はいまだにわかっていません。

人によってつわりの症状はバラバラで、つわりがまったくない人もいれば、水分すら取れなくなって入院する人もいます。

そのため、つわりに関しては、一概に「どれくらい辛いものだ」とはいえず、人それぞれに症状も度合いも違うとも言え、なかなかつわりに対して有効な対策というのはなくて、いろんな情報があるにもかかわらず、その方法が自分に有効なのかどうかは試してみないとわかりません。

が、つわりで辛い時にいくつももの方法を試すよりは、一刻も早くこのつわりを何とかしたいと思うと思います。

そこで、つわりがあったけど、自分に合う味を使ってつわりを上手く乗り切って、出産のギリギリまで仕事をおこなしていたTさんの事例を次にご紹介します。

 

出産の2週間前まで仕事して、無事に出産されたTさん

 

Tさんが妊娠期間中に何度かつわりがひどい時期があったようで、つわりが酷い時には黒糖が良いらしいと周りから勧められて、黒糖を食べてみたにもかかわらず、つわりの症状に変化はなく、どうにかならないかと思い、合う味をチェックして、今の自分に合っている味が塩味であることがわかり、塩分が強いものを摂取するとつわりの症状が軽減して楽になったとのこと。

しかも、Tさんは合う味のチェックをする前からなんとなく、塩味のものが食べたいと感じていたらしいですが、塩分の取りすぎはよくないとか言われることもあり、我慢して控えていたそうです。チェックをしたことにより、より自分の合う味へ確信が持てたとおっしゃっていたそうです。

つわりが落ち着いた後も、合う味の塩味を食事の後や寝る前に最後に蓋をするように摂ることを心がけて、妊娠期間を過ごされたそうです。

そのおかげか、むくみや体のダルさ、食後の眠気など妊婦特有のカラダの辛さはあまり感じられずに、出産予定日2週間前まで仕事をすることができ、無事に元気なお子さんを出産されたそうです。

 

関連ブログ

鍵は枕!マタニティーブルーや産後うつのストレスからの回復は睡眠から

つわり対策は、個人差に対応できる合う味メソッドで

一般的につわりには、これっていう具体的な効果のある対策はなくて、経験者の方が自ら体験したつわりを軽くした食べ物や対策を紹介してることが多いです。インエターネットで検索してみるとつわりの時に食べると良いとされる食べ物でも12選とか21選とかかなりの数があることわかります。その中身の食べ物を見てみると、氷から始まり、フライドポテトや冷や汁、そうめん、グミ、リンゴやパイナップル、氷など、内容はバラバラです。栄養成分とかそういうものではなく、本当に妊婦さんの数だけつわりを落ち着かせたり、悪化させたりする食べ物があると言えます。

 

だからこそ、自分の個性、今の体調や体質を知ることができるFSEMは、妊婦さんにとって強い味方になるはずです。

 

FSEMの合う味メソッドで自分の身体が今求めている食べ物、味覚を知ることで、すぐにつわりを落ち着かせて楽にすることができます。さらに、体調や体質は変化しやすくて、その度に自分の体調に合わせて対応でもできるものFSEMの強みですね。

現在、妊娠中の方やこれからお子さんをと考えているプレママの方には、ぜひFSEMの合う味メソッド活用して、自分の合う味をしておいて欲しいなと思います。

自分の合う味で、つわり対策はのうバッチリですよ。

 

 

ご相談は、お近くのFSEMダイエットトレーナーに是非してみてください。

https://jma.fun/trainer_profile/

 

また、合う味ダイエット講座でも、自分の痩せる味を見つけることができます!

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemfsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/