本当のあなたはもっとすごい!

身体の仕組みを理解する解剖学〜多裂筋〜

こんなお悩みありませんか?

  • 回旋動作のときに腰や股関節に違和感を感じる
  • 仰向けに寝るとお尻の骨が当たって痛い
  • 下腹ポッコリしている
  • 首・肩・腰に違和感がある
  • 股関節につまりを感じる
  • 腹筋運動をするときにお尻の骨が当たる
  • 床に座るのが苦手

このお悩みの原因は、仙腸関節が歪んでいて、

多裂筋がうまく機能していないことが考えられます。

 

仙腸関節が歪んでしまう原因は?

骨盤や背骨を支える土台となるのが

インナーユニット(腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜)

その中でも仙腸関節の安定に欠かせないのが多裂筋なんです。

今日は、多裂筋についてお伝えします。

 

多裂筋ってどこについてるの?

多く裂ける筋とかいて『たれつきん』

なんだか、たくさんありそうですね。笑

それは、さておき。

 

多裂筋は背中側についている筋肉です。

首から骨盤にかけて小さく短い筋肉がたくさん背骨に付着しています。

  • 頚多裂筋(けいたれつきん)
  • 胸多裂筋(きょうたれつきん)
  • 腰多裂筋(ようたれつきん)

と3つに分類されています。

起始;仙骨、仙腸靭帯、腰椎乳頭突起、胸椎横突起、頚椎関節突起に付着する

停止;第5腰椎から第2頚椎の隣接する(2〜4個の椎骨をまたいぐ)椎体の棘突起に付着する

浅層繊維では、椎骨を3~5個越えて付着する

深層繊維では、椎骨を2個越えて付着する

 

ということで多裂筋は、首から骨盤まで広範囲についている筋肉なんですね。

 

多裂筋てどんな働きがあるの?

  • 両側の多裂筋が働くことにより腰を反る(伸展)
  • 反対側の多裂筋が働くことにより背骨をひねる(回旋)
  • 同側の多裂筋が働くことにより背骨を横に倒す(側屈)

とは言え、小さな筋肉なので大きな動きではなく、わずかな動きになります。

 

多裂筋の中でも腰部多裂筋は、腰椎4番~仙骨背面が非常に太く、

骨盤や腰部の安定に重要な役割を果たしています

多裂筋は仙骨を前側に倒す方向に働いて仙腸関節を安定させています。

だから、多裂筋がうまく働かないと、

仙腸関節が不安定になって仙骨が後ろに傾いて骨盤が歪みます。

すると、床に寝るとお尻の骨が当たって痛かったり、

腰痛の原因にもなってしまいます。

そして、ポッコリお腹になってしまうのも

多裂筋がうまく働いていないことが考えられますよ。

 

スポーツにも欠かせない多裂筋

多裂筋は、腰を反る動きや背骨を捻る動きにも関わっています。

ということは、

ゴルフやテニス、野球など回旋動作を伴うスポーツをするときにも

多裂筋は働いているんですね。

だから、多裂筋が上手く働かないとパフォーマンスが落ちる可能性大!

  • スイング動作が上手くいかない。
  • 走るときやエクササイズ中に腰や股関節に違和感を感じる。

そんな時は、もしかしたら、

仙腸関節が歪んでいて多裂筋が上手く働いていないのかもしれません。

 

苦手なバックハンドを褒められた!

テニスが趣味のA様(50代)は、フォアハンドはいいけれど、

バックハンドがどうも苦手だったのです。

そこで、身体のタイプやルールを取り入れながら

多裂筋のトレーニングを行うことで左右の体幹の回旋が揃ってきました。

すると、苦手だったバックハンドもコーチに褒められるようになったんです。

テニスの練習前にもタイプやルールを取り入れることで

今までだったら諦めていた、あと一歩届かなかった球に

気づいたら、楽に届くようになっていたそうですよ。

幾つになってもまだまだ上達できるって、本当に嬉しいことですね。

 

 

狙った動きを出す為にも身体の仕組みを知り、

身体のタイプやルールを使いこなすことが大切です。

 

次回の筋肉編では、インナーユニットの最終章「横隔膜」をお伝えしますね。