本当のあなたはもっとすごい!

太もも裏側が硬い人の共通点!身体の仕組みを理解する解剖学〜ハムストリング〜

こんなお悩みありませんか?

  • スクワットをすると膝が内側に入る
  • 階段を上り下りする時、膝に違和感がある
  • 膝がグラグラする
  • O脚と言われたことがある
  • 足の浮腫みが気になる
  • 骨盤が後傾している
  • 前屈が苦手
  • お尻が垂れてきた
  • 下腹がポッコリしてきた
  • 猫背が気になる
  • 肩こり腰痛がある
  • お尻のエクササイズをしてもヒップアップしない

この共通点は、

ハムストリング(もも裏)が固くなってる起こる可能性が高いと言うことなんです。

 

膝痛ともも裏とヒップアップ

ふとした拍子に股関節に痛みが出るというK様(40代)

運動不足解消の為に

マンションの階段を使うように心がけています。

 

あるときハムストリングのストレッチをしようとしてヒザを曲げると、

今までに感じたことがないような違和感がヒザに現れたんです。

そこで、FSEMのtongue effectを取り入れていただくことに

すると、硬くなっていた筋肉が柔らかくなり

股関節の動きが改善されました。

 

そこからさらに、合う味をとってハムストリングのリリースを行うと

歳と供に下がってきていたはずのお尻が上がってきました。

 

お尻がプリッと上がると同時にヒザの違和感もスッキリ!

痛かったはずのストレッチをしてもヒザが痛くなくなりました!!

膝の違和感が消えただけでなく、

短時間でお尻まで上がってしまうとは

K様もびっくり!!!

 

お伝えしたルーティンを地道に続けてくださっているK様

お尻はさらにプリッと上がっています。

そして、ふとしたときに出る股関節の痛みとも”さよなら”できました。

 

では、K様のお尻を上げ股関節の痛みを無くす

きっかけになったハムストリングは

どんな筋肉なのかお伝えします。

 

 

ハムストリングはどんな働きをする?

ハムストリングとは「もも肉のひも」という意味なんです。

知ってました?

ハムを作るときに豚などのもも肉をぶらさげるために、

これらの筋の腱が使われたことに由来してるんです。

 

ちなみに、ハムストリングスは3つの筋の総称ですが、

内側ハムストリングと外側ハムストリングに分類されるんですよ。

 

それでは、1つづつ筋肉の解説をしていきましょう!

 

大腿二頭筋

読んで字の如く、2つの頭がありるんですよ。

坐骨から起こる長頭(ちょうとう)と

大腿骨から起こる筋短頭(たんとう)で構成されています。

 

太ももの外側についてるので、

外側ハムストリングとも呼ばれています。

 

起止:大腿二頭筋長頭 坐骨結節後面

大腿二頭筋短頭 大腿骨粗面外側唇

停止:腓骨頭

※右太ももを後ろから見た図

大腿二頭筋が働くと、

長頭は股関節の伸展と膝関節の屈曲・下腿(膝下)の外旋に作用します。

短頭は膝関節の屈曲と下腿(膝下)の外旋に作用します。

 

半腱様筋

見てお分かりのように、半腱様筋の下半は長い腱になっています。

そして、半腱様筋は半膜様筋の上に覆うように走行しているんです。

筋腹がやや上寄りにあり、筋線維が長いのが大きな特徴です。

 

太ももの内側についているので

半腱様筋と半膜様筋で内側ハムストリングと呼ばれています。

 

起止:坐骨結節

停止:脛骨粗面内側

※右太ももを後ろから見た図

半腱様筋が収縮すると、股関節の伸展と膝関節の屈曲・内旋に作用します。

 

 

半膜様筋

半膜様筋は名前の通りに、膜状の形状になっています。

半膜様筋は半腱様筋よりも、深い位置にあります。

 

半腱様筋と半膜様筋で内側ハムストリングと呼ばれています。

 

起止:坐骨結節

停止:脛骨の内側顆

※右太ももを後ろから見た図

 

半膜様筋が収縮すると、股関節の伸展と膝関節の屈曲・内旋に作用します。

 

 

ハムストリングの硬さが及ぼす影響

PC作業など座りっぱなしや立ち仕事でなどで同じ姿勢が続くと

ハムストリングには常に負荷がかかり

筋肉は緊張して硬くなります。

ハムストリングが緊張すると、

坐骨が引っ張られて骨盤が後傾します。

すると腰痛や股関節痛、

ポッコリお腹になったり

お尻が垂れる

股関節が外旋してO脚の原因にもなるんです。

それに、ハムストリングはヒザの内外旋にもかかわっています。

だから、ハムストリングが硬くなっていて

機能が低下していると

屈伸をしたときに膝が内側に入ったり

膝の痛み、膝下O脚などの原因にもなってしまうんです。

 

もしも、あなたが

  • 腹筋をやってもお腹が引き締まらない
  • お尻のエクササイズをやってもヒップアップしない
  • スクワットをすると膝が内側に入る

そんな方は、ハムストリングを柔らかくすることが先決かもしれませんね。

ストレッチしてるけど柔らかくならない。。。

そんな時はもしかしたら、味の影響が強いのかもしれません。

 

本来の柔軟性を取り戻す方法がわかるFSEM講座DIETLv.1をお勧めします!