本当のあなたはもっとすごい!

試合でパフォーマンスが発揮できない意外な事実

『練習よりも試合の方がタイムが落ちる理由が分かりました!』

 

 

陸上競技を行なっているA様

いつも夜の練習では

良いタイムを出しているんです。

 

 

でも、大会になると、

何故か、タイムが落ちてしまうんです。

 

 

これって、

練習が足りないから

本番に弱いから etc…

って思いますよね?

 

 

大会でタイムが落ちる理由

 

実はこれ、

『色』

が影響しているかもしれないんです!

 

 

思い出してみてください。

陸上のトラックって赤のイメージないですか?

 

 

ちょっと昔の話ななりますが

2007年の世界陸上では

世界新記録が0だったにもかかわらず

 

 

青いトラックになった

2009年の世界陸上では、

世界新記録2、大会新5も出たんですって。

 

 

そんなことから、

最近では青のトラックが

増えてきているとのこと。

 

 

ちなみに、

赤は脈拍を上げ、交感神経に働く"燃える"色。

青は副交感神経に働く、"クールダウン"の色。

と言われますが、

全ての人に当てはまるかどうかは分からないですよね。

 

 

ただ、確実に言えるのは、

青の方がタイムが伸びる人

赤の方がタイムが伸びる人

がいるっていうことですよね。

 

 

身体のバランスを安定させる色・崩す色

 

じゃあ、自分はどっちがいいんだ?

何色がパフォーマンスを上げてくれるのか?

 

 

って、思いますよね?

それ調べることが出来ます。

 

 

身体のバランスを

安定させる色・崩す色を調べる

勝ち色診断

 

 

受講してくださったA様の

身体のバランスを崩す色は、、、

 

 

な、なんと

『赤』

 

 

赤は、体幹がブレ、

股関節につまりが出て

足が上がりにくくなりました。

 

 

赤いトラックで、

本来の動きが出ないのは

容易に想像がつきますね。

 

 

本番で結果が出ないのは

練習が足りないのでも

本番に弱いのでもなかったんです

 

 

本来の動きを出す為に色を活用する!

 

赤のトラックだから

本来の力が発揮できない

ってことではないんです。

 

 

合わない色のトラックでも

勝ち色アイウエアを活用する方法や

色以外のバランスを安定させる方法があるんです。

 

 

A様には、パフォーマンスを上げる

勝ち色の活用法をお伝えいたしました。

 

 

勝ち色をうまくを使いこなして

本来の動きを発揮していただけると嬉しいです。

 

 

勝ち色を調べたい方は

お近くのFSEMトレーナーにご相談くださいね