本当のあなたはもっとすごい!

自分できる自分のタイプに合わせたFSEMでぎっくり腰予防!

今年の冬は例年に比べる寒くもなく、雪不足でスキー場が困っているくらい暖かい冬になってますね。

とは言っても、やはり寒い日も多い。

やはり寒いと暖を取るために、灯油を使っている方もたくさんいると思いますが、その灯油を運んだりするのって意外と重労働で腰への負担も大きいですよね。

そんな時に、FSEM®︎を使って、自分の身体の状態、コンディショニングを整えてあげることって大切です。

 

冬はぎっくり腰の不安が

以前から自分のためにとFSEM®︎を学ばれているTさん。何年か前にぎっくり腰になった経験があり、さらに数年前には開腹手術を受けた経験もあり、それ以降は極力重いものを持ったり、運んだりすることをしないように注意しながら生活をしてきたそうです。

ですが、季節は冬!!

今年は暖かめとは言え、住んでおられる地域的にも朝晩はやはり冷え込むとのことで、ファンヒーターのお世話になる日々が続いているそうです。そうすると必然的に灯油を買ってきて部屋まで運ばなければならない状況になってしまいます。

先月、何も考えずに灯油を部屋まで運んできたそうなのですが、その直後から腰にイヤな痛み(ピキンっといった感じ)、不快感を感じてしまったとか。

幸いその時はぎっくり腰の再発までとはならなかったので、気を付けないというくらいでやり過ごしてしまったそうです。

 

自分のタイプを活かしてぎっくり腰予防

ですが後日、

「そういえば、FSEM®︎パフォーマンス講座でOcclusion Effect:噛み合わせでパフォーマンスを上げたり、身体の状態を整えることを学んでいたんだった!」とふと思い出したそうで、次に灯油を購入した際に試してみようと思ったそうです。

Tさんの合う噛み合わせは踵タイプのようで、実際に灯油を購入される前に踵に噛み合わせを整えてから、灯油を部屋まで運んでみたところ、腰に違和感や痛み·不快感が出ることもなく、前回よりも同じ灯油の量なのにスイスイと持て、楽に運ぶことができたそうです。

自分のパフォーマンスをあげる自分に合った噛み合わせを知っていると、日常のこんな場面でも非常に役に立ちます。

 

アスリートもやっているルーティン

アスリートでもスタート直前につま先でジャンプしたり、逆に足裏全体に刺激をいれるようにジャンプしたりしてます。そのジャンプが大切なルーティンということではなく、自分が最高のパフォーマンスを発揮するために、自分に合った噛み合わせに整えることがとても大切です。ジャンプはそのための手段に過ぎません。

普段やっているルーティンが自分の身体のタイプと合っているかどうかをちゃんと知って、実践することが重要になってきます。

 

自分のタイプに合わせたコンディショニング

アスリートやスポーツをしてる人がだけが最高のパフォーマンスを発揮すればいいということではなく、ビジネスマンであれば仕事の場面でしっかりと業務をこなすため、子育て中のママさんであれば育児中に疲れずにお子さんに笑顔で接していられるようにするため、日常の生活で無理なく家事や作業を効率よく行えるようにするためなど、すべての普段の生活における活動がパフォーマンスとなります。

そのために、自分が自分の身体のことを知り、自分のタイプに合わせたコンディションで整えるってことがものすごく大切です。

あなたはどんなタイプ(個性)を持っているでしょうか?

 

あなたに合った噛み合わせは、2日間のFSEM®︎パフォーマンスアップ講座の中で学ぶことができます。

が、2日間のFSEM®︎パフォーマンスアップ講座を学ぶ前に、FSEM®︎講座 P.UP Lv.1で、自分の身体の反応に目を向けるということを、しっかりと学んでいただきます。

このFSEM®︎講座 P.UP Lv.1で、勝ちゆすぎという身体のルール(誰もが同じような身体の反応をが出るもの)とタイプ(人それぞれ違う身体の反応をするもの)にアプローチをしたものを体感してただき、自分の身体の反応に目を向けるということを、まずは学んでいただきます。

FSEM®︎講座 P.UP Lv.1を受講すると、身体能力診断士の資格が取得でき、勝ちゆすぎを使った身体能力診断会を開催できるようになります。

 

https://jma.fun/fsem-pup-lv1/