本当のあなたはもっとすごい!

合う素材のシーツでむずむず脚症候群が改善!

『むずむず脚症候群』という病気をご存じでしょうか

むずむず脚症候群は、その“むずむず”の病名にも表現されているように、脚の深部にむずむず、ジリジリといった不快症状が現れ、かいても不快症状は治りません。これが夜眠ろうとするころになると現れるとあって、不眠障害に苦しんでいる人が意外に多いそうです。

しかも、まだハッキリとした原因やメカニズムがわかっておらず、生活改善と薬物療法を対処的に行うことが一般的だそうです。

そのむずむず脚症候群がFSEMを使うと、その症状がなくなったという事例があります。生活改善という治療法の中にFSEMを取り入れることが可能になるかもしれません。

 

むずむず脚症候群とは?

 

むずむず脚症候群(むずむずあししょうこうぐん、英: restless legs syndrome、RLS)は、身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態である。レストレスレッグス症候群(レストレスレッグスしょうこうぐん)、下肢静止不能症候群(かしせいしふのうしょうこうぐん)ともいう。

自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。

このむずむずとした不快感や痛みなどの不快な異常感覚・身体症状が下肢や腰・背中・腕などに出現するため、患者はこれを抑えるため常に脚を動かしたり身体をさすらなければならない状況に追い立てられる。

3分の1の患者では週に2回以上、中等症から重症の症状が起こる。特に夕方から夜間にかけて症状が増強するという特徴(勿論、日中でも症状が出現)があり入眠障害・熟睡障害や中途覚醒のような睡眠障害の要因となり、また日常の座ったままやじっとした姿勢の活動を阻害されるため放置していると日常生活に大きな影響を及ぼす。この結果、副次的症状として昼間の疲労感を引き起こす。

実際、患者は昼夜にわたり生活の質(QOL)に悪影響を及ぼす様々な症状に苛まれている。回復が長引けば全身の「慢性疼痛」の症状がでてくる。

wikipediaより

 

むずむず脚症候群は、睡眠障害の原因にもなって、症状がひどくなれば健康にも影響を及ぼしてしまうようですね。

 

麻のシーツでむずむずしなくなった!

※千葉を中心に活動されている村松佑一さんの事例

村松さんはこの症状に小学生の頃から社会人になるまで悩まされてきたそうです。その症状が現れるたびに寝れなくなってしまい、寝ようと思って布団に入るとすぐ症状が出てきて、大体4時くらいまでは寝れなくなります。ですが、なかなか症状の改善がみられなかったので、ある方法を試してみたところ、症状が全く出なくなったそうです。

村松さんが一体何をしたのかというと、寝具のシーツを変えただけだそうです。

チェックしてみると、その時使ってたシーツが村松さんに合っておらず、村松さんに合う素材の麻のものに変えただけでぴったり治まったんだそうです。でも、あるとき以来ずっと使ってきた合う素材の麻のシーツを使っているにも関わらず、最近また症状が出始めまめたんだとか。

「なぜ?」と疑問に思い、麻のシーツをチェックしたら合わなくなっていたそうです。

同じタイミングで買った麻の掛け布団はまだ合ってるところから、推察で麻のシーツの経年劣化かもしれないと思った村松さんは全く同じ麻のシーツの新品に変えたら症状が治まったそうです。

 

身体を休める寝具を自分に合うものにしておく

原因もよくわかってないにむずむず脚症候群。村松さんの発症のきっかけになっていたのは、普段寝ている寝具のシーツでした。毎日寝るものだからこそ、合わないことで身体にストレスとなっていたのかもしれませんね。

だからと言って、シーツが合っていない人が全員むずむず脚症候群になるということではではなくて、合わないシーツで寝ていると知らず知らずのうちに、身体に対してはストレスがかかり、寝不足をはじめ、身体の不調につながったり、ダイエットがうまくいかなかったり、試合や練習、仕事などでいいパフォーマスを発揮できないということになりかねません。

身体を休める寝具を自分に合うものにしておくって大切なことです。特に肌に触れる部分の素材に関しては特に重要です。

今回の村松さんのむずむず脚症候群の症状が治まったように、原因がわかっていない不調などがFSEMを使うことで、症状を抑えられたり、軽減できる可能性がありそうなこともわかりました。

よく眠れない、眠りが浅い、夜中に目が覚めるといった方やそのほかにも不調で悩んでいる方は、FSEMで睡眠環境を見つめ直して、ストレスから身体を守るようにしてみてくださいね。

 

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/

 

▼合う味パフォーマンスアップ講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajiperformance/

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/