本当のあなたはもっとすごい!

効果的な昼寝は寝る前の準備で決まる!FSEMで効率の良い昼寝

昼寝は最近では、積極的にしたほうが良いとも言われるようになり、その重要性は多くの人が知っていると思います。

でも、昼寝をするけど寝起きがスッキリしないとか、ぼーっとして逆に頭が働かないなどという感想も聞くこともあります。

効果的な昼寝ってどうすればいいんでしょうか?

 

そもそも昼寝とは?

昼寝(ひるね)は、昼食後など昼間における仮眠のことである。午睡(ごすい)ともいい、南欧ではシエスタとも呼ばれている。

15 – 30分の仮眠が脳を活性化するという研究結果が出ている。しかし、それ以上の仮眠は逆に脳の活性を下げ、また夜の不眠の原因にもなるとも言われている。

保育園では園児の昼寝が予定に組まれている場合が多い。

2014年頃より、日本でも昼寝の効用について研究が行われている。昼寝を行うことにより、事故の予防、学習や仕事の効率(生産性)アップなどが期待できる。このため、学校のほか、職場においても、昼寝の業務時間認定や仮眠スペースの設置などにより、不意の居眠りでなく昼寝を推奨する企業も一部にある[1]。また、昼寝により、脳が活発になるため、独創的なアイデアが浮かびやすい環境になるという。

Wikipediaより

つまり、昼寝をすることで、脳を活性化させて、作業効率をあげるということが目的のようですね。

 

なぜ眠くなる?

その大きな原因は、睡眠不足です。つい夜更かしたり、仕事や付き合いで帰りが遅くなってしてまって、睡眠時間が短いがために、脳の疲労は回復しきれずに、日中にその確保できなかった脳の回復時間を確保するために眠気が襲ってきます。これが大きな原因と言われています。

なので、眠気があるときは仮眠をとって、脳をしっかりと回復させることで、集中力や注意力が高まり、仕事や作業、勉強の効率があがります。

 

適切な昼寝とは

では、実際に自分がどのくらいの昼寝をしたら、しっかりと脳を回復させられるのしょうか?できることなら、一番は完全に回復するまでしっかりと昼寝ができるといいですが、現実問題はそうはいきません。

寝付いてから5分後くらいにはごく浅い眠りになっていて、その後5分から少しだけ深い眠りに入っていきます。そして、20分後には一気に深い眠りのノンレム睡眠にへと入ってしまうので、このノンレム睡眠に入る20分よりも前に昼寝を終わらせることで、スッキリと目が覚めると言われています。それが15~20分が昼寝の適切な時間と言われています。

 

効果的な昼寝は寝る前の準備で決まる

15~20分の昼寝をするといいと言われて実践するけど、実際には15~20分の昼寝をしてみるけど、寝起きがスッキリしないとか、ぼーっとして逆に頭が働かないってこともしばしば耳にします。それには、時間よりも大切なポイントがあって、その大切なポイントを忘れると、いくら昼寝をしても昼寝の効果は期待できない可能性が高いです。

15分の昼寝が良いわけでなく、寝る前の準備が大切

※熊本でパーソナルトレーナーとして活動中の福澤彩乃さんの事例

福澤さんは日頃、クライアントさんセッションの予約の合間を使って、15分間のお昼寝をするようにしているそうです。この昼寝を始めたきっかけは、半年くらい前に知人のから15分くらい仮眠を取ると頭がスッキリして良いらしいと聞いてことで始めたらしいです。

最初は15分と聞いたのでアラームをかけ寝ていたそうです。15分後に昼寝から目覚めてみると、実際スッキリと言うよりまだ寝たいしボーッとした感じがあったとか。そこで、時間に余裕があるときには15分ではキツイからと、30分から60分寝る時もあったそうですが、結果は同じくスッキリしないままだったそうです。

それでも疲れが取れてスッキリするならと信じ続けていたです。

そして、FSEM睡眠講座を受けて、講座内で学んだ寝る前の準備のルーティンをしてから昼寝をしてみたところ、15分間でもこんなにもスッキリし元気が出るかというくらいのスッキリ感と目覚めにビックリしたそうです。

それ以来、お昼寝の前に必ず準備のルーティンを実施する様になり、快適に午後からのセッションに取り組めているそうです。寝る前の準備、本当に大事だと身をもっと経験されたそうです。

昼寝をしたら体重1kg減で身体もスッキリ!

※大阪でパーソナルトレーナーとして活動している中西佑介さんの事例

睡眠不足で身体がしんどかった日があっために、FSEM睡眠講座で学んだFaceEffect(フェイスエフェクト :顔に対するアプローチ)とTongue Effect(タンエフェクト:舌に対するアプローチ)で行なって昼寝をしたそうです。

さらに、カーテンを開ける(明るくする)、音楽をつけて、中西さんに合う環境にして昼寝をしたところ、2時間のもしっかりと昼寝をして体重が1kg減り、すっかり疲れも取れたそうです
体重が落ちていたことはとても驚きだったようで、昼寝の質を上げると仕事効率も上がりダイエットにも繋がることを実感されたとのことです。

FSEM睡眠でお昼寝後も快調に動けるようになった!

※豊橋でヨガインストラクターとして活動している藤丸ゆみさんの事例

今までお昼寝をすると、頭がぼーっとして、ダルくなり何もやる気にならなかったそうですが、FSEM睡眠講座を受講されて、Taste Effect(テイストエフェクト:味覚へのアプローチ)、Ocllusion Effect(オクルージョンエフェクト:噛み合わせに対するアプローチ)、Tongue Effect(タンエフェクト:舌に対するアプローチ)、睡眠時の姿勢を整えるエクササイズをするとうにしたそうです。

すると、藤丸さんの身体が良い睡眠が取れる良い状態に合わせてから、昼寝をするとすっきりお昼寝ができ、とても快調に動けるようにななったそうです。

 

まとめ

・昼寝には、寝不足による脳の回復を助ける役割があって、昼寝をすることでその後の作業効率を上げる役割がある。

・十分な睡眠時間を確保できずに、脳の回復ができなかったために、日中に眠気が襲ってくる

・眠りに入って深い眠りに入る20分より前のタイミングで目覚めるとすっきりと泳げる

 

以上のような、昼寝のポイントがあるけども、それでもスッキリと起きられなかったり、ぼーっとした目覚めになってしまうときは、昼寝をどんな方法で寝るよりも、紹介した事例のように寝る人自身の身体の状態を整えてあげて、質の良い昼寝ができる身体の準備をしてあげることの方がもっと大切かもしれません。

そうすることで、15~20分の昼寝も今以上に効率の良い昼寝に早変わりしします。
そんな効率の良い昼寝ができる身体の準備方法は、睡眠講座で学ぶことができます。

今よりも睡眠の質を上げたい方、スッキリとして仕事の効率を上げたい方などは、ぜひ講座を受けてみてください!

 

 

▼FSEM講座 DIET Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-diet-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “ダイエット力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼FSEM講座 SLEEP Lv1の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/fsemkouza-sleep-lv1/

45分のイベントを開催できるようになるJMA認定の “睡眠力診断士”が取得できます!

(イベント内容は、プログラム化されており、その内容に沿って開催していただくの安心して開催できます!)

 

▼合う味ダイエット講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajidiet/

 

▼合う味パフォーマンスアップ講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajiperformance/

 

▼合う味睡眠講座の詳細や開催状況はこちらから▼

https://jma.fun/auajisuimin/