本当のあなたはもっとすごい!

好調・不調の大きな違いは、〇〇の違い!

たった一回のオンラインレッスンで、

 

 

・まっすぐ上を向いて寝ることができない

・毎朝起きたら、頭がズキズキ痛む

・腰が重たい

 

 

が、解消したクライアントGさん(40代)

 

 

まさか、オンラインだけで?

そう思われる方、多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、FSEM®ならばやり方によっては、できます!

 

 

今回は、睡眠で悩むGさんの事例と共に

オンラインで何をやってこれらが解消したのか!を

お伝えしますね。

 

 

Gさんは、主婦業プラスお仕事もされているので

とにかく毎日忙しく過ごし、自分の身体を

見つめる時間なんて全くない状態でした。

 

 

調子が悪いのは、いつものことだし

もう良くなるなることなんてないと

諦めていたそうです。

 

 

そんな、諦めかけた方に

希望を持っていただくことができる!

これが、FSEM®のメソッドです。

 

 

上を向いて眠れない理由

 

 

皆さんは、寝る時

上向いて寝ていますか?

それとも、横向き派?下向き派?

 

 

実は、横や下を向いてしか眠れない人には、

それなりの理由があります!

 

 

簡単に言うと、姿勢です。

身体のバランスが崩れて、

上を向いて眠れない身体

になってしまっている可能性が

考えられます。

 

 

普段は、枕を使わずに寝ているGさんも

上を向いて眠れない一人でした。

 

 

そこで、枕の高さにより身体のバランスを

整えてもらうような調整をしました。

 

 

やってみると、首に枕があったほうが

身体のバランスが整うタイプだったのです。

 

 

皆さんの身体は、

立っているとき、重たい頭を

『首』が支えていますが、

実は、寝ている時も頭を支えるのは、

『首』なんです。

 

 

ということは、

人によっては、頭を支えるために、

首の枕も必要になってきます。

 

 

そんなGさんは、首枕をして以来

まっすぐ上を向いて寝れるようになりました♪

 

 

上を向いて寝ることで、

呼吸もうまく入るようになり

頭が痛いことも少なくなったそうです。

 

 

目がポイント

 

 

さらに、呼吸が上手くできない理由の1つとして、

日常のスマホやパソコンのやりすぎが

関係あるとしたら・・・

 

 

実は、目を動かさないことで、身体の動きも減り

姿勢が崩れ呼吸も浅くなっていきます。

 

 

そこで、もう1つやっていただいたのは、

目へのアプローチ、アイエフェクトです。

 

 

脳の神経12対の話を以前書きましたが、

目の神経は、この12対のうち

・視神経(第3神経)

・動眼神経(第4神経)

・滑車神経(第5神経)

・外転神経(第7神経)

と、4つも占めています。

 

 

12対のうちの1/3が目に関係する!

ということは、目を動かすことで脳には、

様々な刺激が伝わるということですよね。

 

 

つまり、目を上下左右、

しっかり動かすことで

身体の動きも変わりますし、

身体が脱力して呼吸も深くなります。

これは、身体ルールです。

 

 

FSEMの不調改善のアイエフェクトを

毎日実施していただいたGさんは、

枕との相乗効果で

たった1回のオンラインレッスン指導により

 

 

・まっすぐ上を向いて寝ることができ

・朝、爽やかに起きることができ

その結果、腰のだるさも無くなりました!

 

 

 

〇〇の違い!で楽に動ける身体へ

 

・枕の高さの違い!

・目の動かし方の違い!

これらをチェックして、

身体のバランスを整えるには、

特に大きく動くわけでもなく、

きちんとトレーナーとのコミュニケーションができていたら

オンラインでも

とても簡単に体験することができます。

 

 

『枕』『目』

この2つのポイントを抑え、

少しでも良い睡眠に繋げ

活動的で楽に動ける身体になりますように!

 

 

FSEM®の睡眠メソッドは、

お近くのFSEM®トレーナー、もしくはFSEM®睡眠トレーナー

 

また、このコンテンツを学んでみたい方は、

FSEM®講座 SLEEP Lv.1

にご参加くださいね。