本当のあなたはもっとすごい!

ヒップアップしない原因は枕!最優先で整えるべきは寝姿勢!!

  • 寝付くまで時間がかかる。
  • いっぱい寝たのに疲れが取れてない。
  • 朝起きると首、肩、腰がツライ。
  • 身体が浮腫んでる。
  • ダイエットが上手くいかない。
  • トレーニングを頑張ってるのに変化しない。

この原因、

実は、寝姿勢が整っていないからかもしれません。

 

 

寝姿勢を崩している原因は?

あなたの寝姿勢を崩しているものはなんなのか?

これが、分かると寝姿勢が整ってグスッリ眠れます。

 

 

例えば、

寝る前にストレッチをしていたI様は、

そのストレッチをやめたら

翌朝スッキリ目覚めることができました。

これって、良かれと思ってやっていたストレッチが

寝姿勢を崩す原因になってたという事なのです。

 

 

 

寝て起きたら、ヒップアップしていた!

FSEM®講座 SLEEP Lv.2に

参加してくださったS様は

毎日頑張ってエクササイズをしてるのに

なかなかお尻の下のタルミが取れませんでした。

枕の高さをS様に最適な高さに合わせて

背骨にアプローチする寝姿勢を整えるルーティン行い

15分の仮眠を取ってみると、、、

 

 

な、なんと!

気になっていたお尻のタルミが

ググッと引き締まりました!!

寝てるだけでヒップアップするなんて、

まるで夢のようですが、本当の話。

 

 

 

下半身強化のためにスクワットをしているM様

効かせたいお尻には効かずに

太ももしか効いていませんでした。

M様に合わせた枕の高さを調整し

寝る前のルーティンを行って

寝姿勢が整うと、、、

 

 

やはり、15分の仮眠をとっただけで

フォームの修正は何もしていないのに

お尻にしっかり効くようになりました。

 

 

寝姿勢を整えるためのポイントは背骨

大切なのは、

背骨が適切なS字のカーブを描いていること。

 

 

特に、頭を支えている首のカーブが

その人にとって最適な状態になっていることが重要ポイント

想像してみてください。

寝姿勢が崩れたままの状態で

6〜7時間寝るとしたら、、、

 

  • 寝付くまで時間がかかる。
  • いっぱい寝たのに疲れが取れてない。
  • 朝起きると首、肩、腰がツライ。
  • 身体が浮腫んでる。
  • ダイエットが上手くいかない。
  • トレーニングを頑張ってるのに変化しない。

 

こんなことが起こりそうだと思いませんか?

 

寝ている姿勢が良いか悪いかで、

身体の使い方や、

形そのものが変わってしまうんです。

 

 

身体を望んだように変えたいなら、

寝姿勢を整えることが最重要です。

 

 

まずは、寝姿勢を整える第一歩から始めてみませんか?

 

 

自分にとって最適な枕の高さを知りたいあなたは

お近くのFSEM®トレーナー、もしくはFSEM®睡眠トレーナー

 

 

また、このコンテンツを学んでみたい方は、

FSEM®講座 SLEEP Lv.1

にご参加くださいね。