本当のあなたはもっとすごい!

睡眠の質を良くしたい方、いませんか?

・朝起きて、顔が浮腫んでいる

・夜中に何度も目が覚める

・寝ている時の呼吸が浅い感じがする

・朝起きたら、腰や首に違和感がある

 

 

睡眠って、身体や脳の回復のためにあるのです。

しかし、回復するはずが

起きてもこんな状況・・・・・

 

ちょっと悲しいですよね^^;

 

 

では、なぜ疲労回復できないのでしょうか?

今回は、その理由と対処方法を書いてみます。

 

ポイントは、3プラス1です。

 

1:寝る時の格好

2:タイプを活かす

3:ルールを活用する

プラス1:寝具の調整

 

 

これを読んでいただくことで、

あなたの睡眠もすこ〜し変わっていくと思いますよ。

 

 

なぜならば、この内容で

多くの方が質良い睡眠を手に入れ、

その先に

ダイエットに成功したり、

競技で良い成績を残したりしていると言う

事実があるからです♪

 

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

見落としがちな格好

 

 

質の良い睡眠ができない・・・

そんな悩みに対して、

たくさんある原因の1つに

寝る時の格好があります。

 

 

ここ、見落としがちですよね。

でもとても重要なのです。

 

 

実は、ダイエットも質の良い睡眠が取れていないと

痩せません!!!!!

 

 

ということで、先日行われたFSEM講座ダイエットLv2では、

みなさんに質良い睡眠へ導く1つとして

寝る時の格好をお伝えしました。

その内容をちょっとシェアしますね^^

 

 

—————————————————————–

パジャマを着ている率が多いインドの国では、

平均寿命が 66歳、健康寿命が59歳

一方、はだかで寝ている率の多いフィンランドの国では、

平均寿命が81歳、健康寿命が71歳

——————————————————————

 

 

なぜこうなるのかは、講座で詳しくお伝えするのですが、

何を着て寝るかでこんなにも差が出るのです。

 

 

私のクライアントさんも、

冷え性だからと履いて寝ていた靴下。

これを脱いで寝ただけで体温が上がり

長年の悩みだった、腰痛から解放されました。

 

 

身体を『締め付け』と言うストレスから

開放してあげただけです。

だとすると、

あなたは今晩から何を着て寝ますか?

 

 

このように知らない間に

睡眠の質を下げているのがストレス。

しかし、ストレスがかかってしまうのは、

この時代もうどうすることもできないですよね。

 

 

では、これを少しでも軽減させ

身体と脳を回復させて行くには、FSEMで言う

タイプとルールを使いこなすことが一番の近道なのです。

 

 

次に、タイプ1つとルール1つをご紹介しますね。

 

 

やはり味です!

 

 

まずは、タイプから。

こちらは、人それぞれ個体差がある物です。

 

 

例えば、味。

何を最後に食べて寝るかにより、

どれだけ息が吸えるか、どれだけリラックスできるか

差がでます。

 

 

私のクライアントMさん(30代)は、合う味の塩を少量とって

寝るようにしたところ顔のむくみがとれ

以前のように朝起きても、腰が痛い・・・

と言うことが無くなりました。

 

 

一般的に浮腫むと言われている『塩』

これが人によっては、とった方が良い方もいるのです。

 

 

あなたは、どの味が身体をリラックスさせてくれますか?

ここも、必ずチェックして取り入れて欲しいです^^

 

 

 

目に関する衝撃的事実!

 

 

そして、身体のルール。

これは、多くの人が同じような良い効果の出る

身体の仕組みです。

 

 

緊急事態宣言が出され、リモートワークで

長時間座ってパソコンしたり

机に向き合う時間が増えているのではないでしょうか。

 

 

そうすると、目を動かすと言う機会が減り

ず〜っと狭い範囲だけ集中して見ていると言う方が

多くなります。

 

 

これが続くと、どうなると思いますか?

 

 

実は、目を動かさないことで

背骨が歪んだり首が前に出て

猫背姿勢になってしまいます。

 

 

逆に目は、たくさん動かした方が

背骨が動きやすくなります。

 

 

と言うことは、動かしていない状態のまま寝ると

呼吸が浅くなり、腰や首に違和感持ったまま

眠るってとになってしまいますよね。

 

 

これでは、朝起きても違和感が残るはずです^^;

 

 

ですから、目をしっかり動かしてあげましょう。

ここでFSEMアイエフェクトの出番です。

 

 

目玉をグルグル回したり、上下左右行ったり来たり

これを続けていただくことで、

姿勢が整いやすくなり、身体の動きも楽になるんです。

 

 

目って脳の神経12対の中で4つもしめています。

ですから、ここを動かしてあげることで

背骨だけでなく、下っ腹が引っ込みやすくなったりなど

身体のいろーんなところが機能し始めます。

 

寝る前や、デスクワークで疲れた時には、

こちらもぜひお試しくださいね。

 

 

 

更に、知っていて欲しいこと!

 

睡眠について、実はもう1つ、

知って欲しいことがあります。

これは、枕の高さ!

 

 

こちらは、一人一人違いますので

FSEM睡眠トレーナーのもとで

しっかりとチェックしてもらうことを

お勧めします!

 

 

また、一人一人に合った枕の高さ選びは、

FSEM講座 睡眠LV1の方でもお伝えしていますので

気になる方は、ご参加くださいね。