本当のあなたはもっとすごい!

マスクに合う香りでインフルエンザ予防に花粉症、喘息の発作

インフルエンザも今年は流行が早くなっていて、すでに学級閉鎖が出た地域もあるようです。これからさらにインフルエンザの流行が気になってくるところですが、その予防としは、うがいや手洗い、睡眠、人ごみの多いところにはいかないと合わせて、近年はマスクを使って対策をされている方を多く見かけるようになってきています。

そして、その予防のためのマスクをしたことで、逆に体調が悪くなったり、気持ち悪くなってしまったという方もいるようです。

今日は、その対応策も含めてご紹介します。

 

関連ブログ

これを知れば花粉症対策もラクになる!どんな薬より即効性があるFSEM

 

マスクに合う香りで呼吸は楽だし、鼻の通りも良い

最近周りでインフルや風邪ひきが多いのでマスクをつけて過ごしていたSさん。いつもしているマスクは比較的Sさんには合うマスクが多いそうなのですが、先日究極に合わないマスクに出会ったそうです。

マスクをかけた瞬間、マスクのにおいで気持ち悪くなり、急に咳き込んだり、吐きそうになったのだとか。そこで、すぐに新しいマスクを合う香りのいるをつけたら、マスクをしたところ、ついさっきまで咳き込んでいたのがウソのようになくなり、呼吸が楽になり、体もスッとしたのが分かりました!

それからというもの、合う香りをつけたマスクをつけるようにしていると、呼吸は楽だし、鼻の通りもよくマスクでも快適に過ごすことが出来ていいるそうです。

他にも、マスクに合う香りをつけたら、花粉症の症状が改善したり、喘息の発作が楽になったりとマスクに合う香りをつけることでつらい症状が軽減している事例もあり、これからマスクをする機会が多くなってくる方は非常に有効な方法になると思います。

 

マスクに合う香りをつけるコツ

マスクに自分に合う香りをつけることで、呼吸が楽になったり、花粉症の方や喘息の方の症状も和らげることはお伝えしましたが、その時に気をつけてほしいコツがあります。そのコツを今からお伝えしますね!

・香りのつけ過ぎはNG


香りを感じる嗅覚は、五感の中でも一番脳に近く、第1脳神経の嗅神経を使っています。その嗅神経から得た刺激はダイレクトに脳へと情報として伝わります。

そのため、どれだけ自分に合う香りでも香りのつけ過ぎは、逆効果になってしまい、気分が悪くなったり、頭痛やめまいや吐き気などを訴える方もいるので、気をつけてくださいね

その前に、自分に合う香りを見つけるには、合う味を見つけるときと同じように、筋力や柔軟性でチェックします。興味がある方は、チェックしてみてください。また、FSEM睡眠講座の中でもしっかりと見つけることができます。

 

・マスクに香りをつける方法


では、マスクに香りをつける方法を2つご紹介します。

1、アロマスプレー

アロマオイルを使ってマスクに香りを付ける場合は、アロマオイルを薄めたマスク用のアロマスプレーを準備すると良いです。作り方は、非常に簡単なので、インターネットなどで調べてみてください。

2、コットンにアロマオイルを少量つけて付着させる

コットンなどにあらかじめアロマオイルを1滴落として、それをマスクに叩くようにして香りを付着させる。この時もつけ過ぎないように気をつけてくださいね。

 

関連ブログ

これを知れば花粉症対策もラクになる!どんな薬より即効性があるFSEM

 

予防や感染拡大といった目的でマスクをされているのに、逆にそれで気分が悪くなたり、体調を悪くしてしまうのは本末転倒というか、防げるものだと思いますので、ぜひ自分に合う香りをうまく使ってくださいね!

春先や秋の花粉症の季節などに有効です。