本当のあなたはもっとすごい!

首に合う素材のタオルを巻いてトレーニング!肌触りが身体の良し悪しを決める

よく泣いている赤ちゃんやなかなか寝ずにいる赤ちゃんにその子が気に入っているタオルを持たせたら泣き止んだとか、落ち着いてぐっすり寝たとかよく耳にしませんか?

タオルはタオルでもこれじゃないダメで、他のだと全く効果なしみたいな。赤ちゃんは、感覚がとても敏感で触れるものに対して、ものすごく素直は反応をしますよね。

でも、この触覚の反応は私たちでも現れていて、ちゃんと身体はサインとして教えてくれています。そのサインに気付くことができるかそうでないかは、実は大きな違いを生むかもしれません。

あたなが触ると落ち着くタオルの生地やぐっすりと寝れるシーツの生地などありますか?そこに1つヒントがあるかもしれません。

今日は、FSEMのTouch Effect(タッチエフェクト)で肌に触れるものの素材でどんな身体の反応が起こるのかお伝えしますね。

 

シーツを合う素材に変えただけで

自分の身体のためにFSEMダイエット講座を受講していただた谷口紀子さん。

講座の中で合う素材チェックでは見つかった素材、生地はマイクロファイバーだったそうです。

それが分かってから、マイクロファイバー素材のベットシーツ変えてみたところ、寝つきもかなりよかったそうです。何より驚いたのは、いつも以上に髪の毛がしっとりして艶が出ていたことです。周りの方にも「天使の輪がある!」と言われました。

他は特に変わったこともせずただシーツを変えただけで、こんなにも変わるなんて!

自分にあった素材、そして触覚恐るべしの経験でした。

さらに、パーソナルトレーニングにも谷口さんはこの合う素材をうまく使っていて、トレーニング時は首に合う素材であるマイクロファイバーのタオルを巻いてしっかりと身体を動かされているそうです。そして、ストレッチをする時は、ストレッチマットの上に合うタオルを敷いて、その上でストレッチをされているそうです。

そうすると、トレーニングの時には 効くべき部位にしっかりと負荷がかかって、いつもより効きもよくて、フォームもブレずにばっちりでなんだそうです。逆にこのマイクロファイバーのタオルを使わずにトレーニングをすると、フォームがブレブレで、効かせたい部位に効かないそうです。

ストレッチの時にも、マイクロファイバーのタオルの上ですると、しっかりとストレッチができて、とても身体が緩んで肩甲骨の奥の方までトレーナーさんの指がしっかり入るのだとか。マイクロファーバーのタオルを使わないときは、もう身体がガチガチだそうです。

これにはトレーナーさんも驚いていたそうです。

 

好き嫌いではなく、合う合わないの違い

肌に触れる素材でこんなにも違い出ると、知っているかそうでないかの差は大きですよね。全く意識していないところで、こんな反応が起きているんですからね。

寝る際のシーツや枕カバー、普段使うタオルや靴下、下着、服といったものを影響をしらず知らずのうちに受けていると考えると自分に合った素材知りたくなりますよね?

心地よく感じるものが合う素材なの?って質問をよく受けます。でも、それが必ず合う素材とは限らないんです。肌触りはあまり好みではなけど、とても合う素材という人もいますし、その逆で、肌触りは好きなのに全く合わないという残念な結果の人もいます。肌触りも好みで、かつ素材的にも合っているという最高の人もいます。

好みと合う合わないは、ちょっと違うんです。だからこそ、自分の好みだけで選ぶよりも、自分の合うものを知っておいて、1つの選択肢としての基準にするもの自分の身体のためにはいいかもしれませんね。

自分の合う素材を見つけるには、FSEMダイエット講座の中お伝えしています。

 

毎日ふれるものだからこそ

五感の中の触覚というちょっと忘れがちな感覚ですけど、ものすごく身体の反応や影響は大きいと覚えておいてください。指を動かすことは、ボケ防止になると言われますよね。指を使って細かい作業をすることも大切ですが、指や手で触れているその感触というのも実はとても大切なんです。

FSEMは、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚と5つある感覚にアプローチをしますが、意外と盲点なのが、この触覚です。

すべてを自分の合う素材にというは、現実的ではなので寝る時のシーツなどの素材を合うものにしたり、寝るときの着るものを合う素材にするとか、トレーニングや運動する際のウェアタオルなどを合う素材にするなど、ここっていうポイントで使ってみるところからスタートしてみると良いと思います。

まずは、自分の合う素材を見つけてみたいという方は、FSEMダイエット講座を受講してみてください!もしくは、お近くのFSEMを学んでいるFSEMダイエットトレーナーにご相談ください。

 

お近くのトレーナーは、こちらで探していただけます。